面接を受けるにあたり心がけておくこと

就職の面接で注意しなければならない点 就職活動において、選考基準で最も重視されるのは、面接の結果という企業も多いです。緊張して頭が真っ白になり、何も答えられなかったということがないよう、あらかじめシミュレーションをしながら、質問にしっかりと答えていく訓練を繰り返し行うことが大切です。

面接の練習をしたいのに、練習相手がいないということがあります。その場合には、ボイスレコーダーを上手に活用してみましょう。携帯電話などの録音機能を利用しても構いません。面接でよく質問される内容を整理し、順番に一つずつ吹き込んでは、自分が答える時間の間をあけます。また次の質問を自分で話し、繰り返し録音していきます。練習するときには、録音したものを再生しながら、空いた間のところで質問に答える訓練をします。最初は、スムーズに話せなかったり、言葉が出てこなかったりしますが、答えていくことにだんだん慣れてきます。

もし、再生と録音が同時に可能なときは、質問内容を再生しながら、自分が答える部分を通して録音し、それを再生して聞いてみると、客観的に分析ができます。話し方の速度や声のトーンが確認できるので、自分の癖が分かるでしょう。また、練習するのに人を介さないので、自分のペースで着々と練習をこなせることができ、落ち着いて面接を受けられますよ。