面接では受け答えを万全にしよう。

就職の面接で注意しなければならない点	da_kyujin0030	http://www.bgremke.com				求人	就職・転職・求人		aroma-page	da_kyujin0030		archives	text	1	5		就職の面接で注意しなければならない点 アルバイトや正社員採用のための面接は誰もが緊張することでしょう。どのようなことを質問されるのか、きちんとした受け答えができるのだろうか不安でいっぱいになる方がほとんどです。とても厳粛なイメージがある面接ですが、フランクなものも多いのが特徴です。ただし、すべてがフランクに進むと言い切れません。企業の風潮や雇用形態によっても大きく異なるため、面接担当者との会話に対応できる力が求められることでしょう。

面接で企業担当者へ良い印象を与えるには、敬語がきちんと使えることです。真摯に対応する態度は言葉にもにじみ出ます。正しい言葉遣いができれば、所作も丁寧になっていきます。また、それに付随してはきはきとした話し方ができれば、相手に快活な印象も与えられます。これだけのポイントを押さえるだけでも、面接試験では大きなポイントがつきます。

面接では、「はい」「いいえ」を素直に答えることはもちろんですが、どんな社員になりたいか、自分が働くことで職場にどのような貢献ができるかなど、わかりやすい言葉で簡潔に話せることが大切です。職場の雰囲気などを踏まえてシミュレーションをするとよいでしょう。このシミュレーションを事前に行うだけでも、面接担当者だけが面接の主導を握ることはなくなります。