基礎的なマナーを身につけて面接にのぞむ

就職の面接で注意しなければならない点 アルバイトでも正社員の募集でも必ず面接が実施されます。採用担当者が希望する人材を見極めるために、様々な部分をチェックしています。特に大手企業の新卒採用等は、かなりの人数の応募がありますので、その中から内定を勝ち取るのは至難の業です。まず初めに心得ておかなければならないのがビジネスマナーです。一般的な教養がなければ、当然面接の際に相手に対して悪い印象を与えてしまう可能性が高いといえます。自分では当たり前だと思ってることでも、世間的にはタブーなことが多々あるかもしれません。マナー教本などを見て、1からおさらいしておくのが良いでしょう。

基本的には、面接会場に入った瞬間から面接は始まっていると考え、常に周囲に気を配るような姿勢が望ましいといえます。面接の場では、どうしても緊張してしまって自分の思った発言ができなかったりしますが、応募者が緊張しているのは採用担当者にとってはそれほど気にかけていない場合もあります。むしろ、細かいしぐさなどに注目されている場合もあります。人選を誤ってしまうと会社の不利益となりますから、面接では口達者なことばかり述べて、いざ採用したら全然仕事ができない人材を選ぶわけにはいかないからです。